カードローンの一括返済は得をする?メリットは?

カードローンでは通常の期日に決まった額を返済するのが基本的な返済方法とされていますが、おおよその業者ではそういった支払いとは別の手段も選べるようになっています。その中でも最も返済額が高額になる方法が一括返済ですが、一時的な負担を増やしてまで返済をすることのメリットがどこにあるのかという疑問を持つ人は少なく無いでしょう。
ではカードローンの一括返済を行うメリットとしては何があるのかというと、最も大きいのは自身の返済負担を軽減することです。カードローンの返済では事前に定められた金利に応じて利息を支払う必要がありますが、この利息は完済するまで元本額をベースとして計算され、常に請求されて行くことになります。例えば借りてから1年かけて分割返済をする場合には、12ヶ月分の利息が計算された上で請求されているわけです。
しかし一括返済を行った場合には、それが行われた段階で元本額がゼロになりますから、例えば最初は1年かけて返済する予定だったとしても完済ができた段階でその後の利息に関しては請求が行われません。仮に1ヶ月で1万円の利息が発生し、1年間12ヶ月に分割して返済するとなると毎月1万円の負担が自分にのしかかることになります。しかし6ヶ月目で一括返済を行った場合、自分がカードローン業者に対して支払うのは当然元本と6ヶ月分の利息のみとなりますから、最終的な返済負担は6万円も軽減されるのです。
もちろん生活が苦しい時に一括返済をするというのは、結局新しい借金を作るだけになりかねないためおすすめはできないでしょう。ただ臨時収入があったなどで余裕のある時に一括返済をするのは非常にメリットが大きいことですから、一時的な負担が増えるのに見合う効果はあると言えます。
ソニー銀行カードローンの特徴と審査はこちら